インストラクターは稼げる?業態別の年収と収入アップの方法

インストラクターになりたいけど、稼げるの?年収ってどのくらい? インストラクターを目指している人にとって、収入の面は是非知っておきたいポイントです。インストラクターという仕事が好きでも、稼ぎがなければ生活できません。

今回は、インストラクターは稼げるの?というテーマで、業態別の年収や将来性について解説します。稼ぎに不安を抱えているインストラクターや独立を考えているインストラクターは是非参考にしてください。

インストラクターって稼げる?

Advertisements

インストラクターは稼げるのか?という題目は、業態によっても異なります。インストラクターの主な働き方は以下の通り。

スタジオ勤務のインストラクター

スタジオ専任のインストラクターとして勤務するケースです。正社員や契約社員、パートなどの雇用形態があり、給料は月給制やレッスンごとの歩合制などスタジオによって異なっています。スタジオに勤務する場合は、レッスンだけでなく受付や掃除など運営業務にかかわることもあり、残業があることも。しかし社会保障などがあり毎月安定的に給料をもらえる点がメリットです。

平均年収は、経験や実積などで変わりますが、だいたい約200万~350万といったところです。

フリーランスのインストラクター

独立しフリーランスになったインストラクターの場合、スタジオと業務委託を結んだり、自宅をスタジオにしたり、出張したりと、働き方はさまざま。場所・仕事量・経験値によって大きく変わるでしょう。

フリーランスのインストラクターの場合は、ワンレッスンあたり3,000円~6,000円が相場。(ただし、業務委託の場合は手数料やマージンをとられる場合があります)スキルアップして人気のインストラクターになれば単価を上げることができ、高収入を狙えるでしょう

スタジオを経営しオーナーになる

スタジオの経営は、努力次第ではインストラクターの働き方の中で最も高収入を狙えるケースです。人気のスタジオになれば、年収1,000万も夢ではありません。ただし、経営のノウハウはもちろん、スタジオの管理や雇用関係などやることはたくさんあり、決して楽ではありません。

稼げるインストラクターの共通点

稼げるインストラクターには、ある共通点があります。逆にいうと、これらの共通点を意識しなければ、どんなにインストラクターのとしての能力が高くても、稼げるようになるとはいえません。インストラクターとして稼ぎたい人は、心得として是非念頭に置いてください。

インストラクターという職業を心から愛している

まず何よりも、インストラクターという職業を心から愛し、楽しく仕事をしているということです。例えば人気のヨガのインストラクターは「ヨガが大好きで、人々にヨガの素晴らしさを伝えたい!」という想いや、「ヨガの健康増進パワーで人々を元気にしたい!」という想いを持っており、サービス精神が旺盛です。

Advertisements

学び続けている

インストラクターの業界規模は拡大しつつあり、フィットネスやジムなど、さまざまなインストラクターがいます。成功しているインストラクターは、「自分はインストラクターとして相応しい行動をとっているのか?」「インストラクターとして今後も働いていくには何が必要なのか?」など、常に疑問を持って学び続けています。

継続して集客している

成功しているインストラクターは、「どうしたらもっと生徒を増やせるのか」ということを常に意識し、継続して集客しています。集客方法の学びを深め、ホームページの更新やSNSによる発信を行っています。

雑務を早くこなしている

インストラクターの仕事は、レッスンだけではありません。特にフリーランスのインストラクターは、生徒管理や経理など、たくさんの雑務があります。しかし、これらにばかり気を取られていてはレッスンにも身が入りません。稼げるインストラクターは、レッスンを中心とし、その他の雑務はレッスンの合間に済ませています。

生徒が快適にレッスンを楽しめるように気を配っている

レッスン中は、指導に専念しているかというとそうではなく、生徒がレッスンに集中できるよう、レッスンの時間配分を見直したり室内の環境を整えたりしています。都度声をかけたり、難しい場面はサポートしたりと、生徒一人一人への気配りも忘れません。

インストラクターが稼げるようになるには

インストラクターが稼げるようになるためにはどんな要素が必要なのでしょうか。ここでは業態別に収入をアップするために大切なポイントを簡単にまとめました。

スタジオ勤務の場合

スタジオ所属の正社員インストラクターの場合、基本給に手当や歩合給がプラスされる場合が多く、スタジオによっては賞与もあります。経験を積みながらスキルアップを図ったり、生徒からの評判が良くなったりすると、昇給・昇格が狙えるでしょう。会社指定の資格を保有すれば、手当がつくこともあります。

フリーランスの場合

フリーランスのインストラクターの場合、専門性を高め、自分にしかできないレッスンを確立することが収入アップにつながります。独自性に重きを置くことで、業界内で突出した存在となり、話題となることも。レッスン料も自分で設定できるので、やり方と努力次第では大幅に収入が上がるでしょう。

スタジオを経営している場合

スタジオを経営しているインストラクターの場合、収入アップに直結するのは生徒の数を増やすこと。レッスンメニューを充実化させたり、特典やグッズを作ったりし生徒を増やしていきましょう。増やした後はリピーターになってもらえるよう、会員限定のメニューや特典を作るなどし、差別化を図ることも求められます。

まとめ

インストラクターが稼げるかどうかは、業態やレッスン内容、料金などによって異なりますが、共通して言えることは「何事もお客様第一に考える」ということ。生徒一人一人のニーズに応えるための努力を惜しまないインストラクターは、高い評価を得ています。「儲けたい」という目先の欲にとらわれず、献身的な態度で仕事に臨むことが大切です。その上で、生徒獲得やリピーター定着のための方策を継続して行いましょう。