おすすめのヨガウェア

おすすめのヨガウェア

ヨガを始めたいなと思っていても、いざヨガの体験レッスンに行こうとした時に、「ヨガって何を着れば良いの??」と困ってしまう人も多いようです。そこで、ヨガ初心者のためにヨガのウェアを選ぶときに気をつけたいポイントをまとめてみたいと思います。

ヨガウェアの選び方

はじめに

ヨガは呼吸を意識しながら行う全身のストレッチ運動です。室内で行うこともあれば、イベントなどの屋外で行うこともあります。基本的に室内で行うヨガであれば、筋トレの時に用意するようなシューズを用意する必要はありません。ヨガマットの上で足が滑らないように素足で行うことが多いので、靴下も不要です。

また、ヨガブランドなどが出しているヨガをするためのヨガウェアもありますが、「可愛いヨガウェアを買ってモチベーションを上げる」というように「まずは形から入る」スタイルも良いですし、「まずは自分が持っている洋服の中から選んだり、足りないものはなるべく安く手に入れて、ヨガに慣れてきたらヨガ専用にウェアを買おう」というように「徐々に整えていく」スタイルもおススメです。

ヨガ初心者が気をつけたいウェア選びのポイント

1.ボタンやファスナー、フード付きは避ける

ヨガはヨガマットの上に寝転んだり、うつ伏せになったりすることもあるので、ウェアにボタンやファスナー。フードがあるとヨガがやりにくかったり、自分自身が不快に感じたりすることもあるので要注意。できるだけ、ボタンやファスナー。フード付きのウェアは避けたほうが無難です。

2.体を動かすときに窮屈にならない素材や形を選ぶ

ヨガは胡坐をかいたり、両手両足を伸ばしたりするので、そうした動きをした時に股関節回りの動きや肩回りの動きをスムーズに行える素材や形であるかをチェックしましょう。伸縮性のある素材で、ゆったり目のシルエットがヨガ初心者の方にはおススメです。

3. カバーしたい箇所をカバーできる形を選ぶ

ヨガは前屈のような姿勢を取ったりすることもあるので、胸回りやお腹、脇、お尻などがウェアの形によっては丸見えになってしまうこともあります。ノースリーブよりも袖有りを選んだり、Tシャツの場合は中にチューブトップを着たり、ショート丈ではなく長めのトップスを選んだりと、カバーしたい箇所をしっかりとカバーできる形のものを選びましょう。

4.乾きやすい素材

ヨガは全身運動なので、汗をかくこともあります。汗をかいたときに重たく感じにくい乾きやすい素材のものを選ぶと、ヨガをしている最中も、ヨガが終わってヨガウェアを自宅に持って帰るときも。ウェアを選択するときも、自分の負担を減らすことができるのでおススメです。

これらの4つのヨガウェア選びのポイントをクリアして、ヨガのレッスンに行けばしっかりとヨガに集中できるので安心です。

ヨガ初心者におススメのウェア

最後に、ヨガ初心者の方におススメのウェアをご紹介します。おススメは、Tシャツタイプのチュニックにレギンスを合わせたスタイル。ヨガの動きにも対応できて、ヨガウェアに近いテイストなので、初心者の方も安心してヨガレッスンに参加できます。私服やスポーツウェアで使えそうなものがあればそのまま流用しやすいのも、このスタイルのポイントです。

また、ヨガでは寝転がったり前屈のような姿勢を取ったりすることもあるので、それらの姿勢を取った時に自分が不快にならないように髪型をまとめておけるヘアゴムなどを準備しておくことも重要です。横結びしたり頭の高い位置でポニーテール&お団子できるヘアゴムや、前髪を止めておけるヘアピンがあるとヨガがよりやりやすくなります。

ヨガを楽しむには安心してヨガができるウェアは必須。可愛いだけじゃない+αの視点でヨガウェア選びを成功させましょう。