ヨガインストラクターになるには?どんな資格が必要?

ヨガインストラクター

ヨガのレッスンを行ったり、心と身体を美しく保つための指導をしたりする「ヨガインストラクター」。

実際にヨガを体験したことがきっかけとなって、「ヨガインストラクターの仕事をしてみたい」と感じた方も多いでしょう。

しかし、いざヨガインストラクターになろうと思っても、「ヨガインストラクターになるにはどうしたらいいの?」「必要な資格はあるの?」といった疑問も出てきますよね。

そこで今回は、ヨガインストラクターになるための方法や資格などについて、詳しく紹介していきます。

ヨガインストラクターになるには資格が必要なのか?

日本でヨガインストラクターになるために国家資格は必要ありません。

ヨガを指導するための知識やスキルがあれば、誰にでもヨガインストラクターになれます。

実際に未経験からヨガインストラクターになったという方も存在しているため「資格がないから無理なんだ」と諦める必要はありません。

とはいえ、ヨガに関する資格を持っていれば、「知識や技術を持っていることの証明」にもつながります。

資格を持っていることで、生徒さんや他のスタッフからの信頼度は格段にアップしますよ。

ヨガインストラクターに関連する資格にはどのようなものがあるか

実際に多くのヨガインストラクターが持っている資格に、「RYT200」が挙げられます。

RYT200は、全米ヨガアライアンス協会が認定する資格の1つで、ヨガインストラクターにとってベーシックな資格です。

「全米ヨガアライアンス認定200時間」と表されることもあるRYT200は、その名のとおり「200時間のプログラム」を認定校(registered yoga school)にて受講・修了することによって取得できます。

RYT200では、ヨガ解剖や指導法などの「ヨガインストラクターになるための基礎知識」を学べます。

そのためこの資格を持っていれば、必要最低限のスキルが身に着いていることをアピールできますよ。

もしも未経験でヨガインストラクターになりたいと考えたときには、RYT200取得を検討してみるのもよいでしょう。

ヨガインストラクターになるための学校はあるのか?

ここまでは資格の取得について紹介しましたが、認定校やヨガのスクールに通って学ぶという選択肢もあります。

事前に勉強をすることで、自分なりのスタイルでヨガを指導することも可能になります。

認定校に通えば、付随する資格も同時に取得することができるでしょう。

いずれにしても、第一線で活躍するヨガインストラクターの講師から指導してもらうことができます。

1人で勉強するよりも学びを深めることができるのは間違いありません。

より実力のあるヨガインストラクターへステップアップしたいなら、「まずは学校で学ぶ」というのも選択肢として考えるべきです。

学校の選び方

ヨガインストラクターの養成スクールや認定校は、全国のさまざまな場所にあります。

学校によって学べる内容やカリキュラムに違いがあるため、事前にスクールで学べる内容について調べておく必要があります。

とくに先に述べた「全米ヨガアライアンス」が認定しているカリキュラムを持っているスクールかどうかは、確実にチェックしておきたい要素です。

全米ヨガアライアンスが認定するカリキュラムには、ヨガのポーズや哲学、解剖学といったヨガの基礎についても学ぶことができます。

一方で認定されていないスクールだと、ヨガのポーズのみをカリキュラムとします。

ご自身がどんなことを学びたいのかを明確にしてから、スクールを選ぶようにしてください。

ヨガインストラクターとして働ける場所は?

ヨガインストラクターは、ヨガをメインにした施設に就職しスタッフとして働くか、フリーランスの講師として仕事をする場合が多いです。

もしフリーランスの講師として独自で仕事をするなら、最初のうちは集客にてこずるはず。

そんな時は弊社が提供するマッチングサービスを使ってみてください。

自分の目でヨガインストラクターを選びたいという熱意のある生徒さんがたくさん集まっています。

早い段階で多くの生徒さんを集める手助けができるはず。

御社のマッチングサービスに登録すれば、ヨガインストラクターとしてスタートダッシュを切ることができます。ぜひご利用ください。

まとめ

ヨガインストラクターになるには、必ずしも必要な資格があるわけではありません。

しかしヨガの基礎的な知識や技術を身に着けるために、資格を取得したり学校に通ったりすることは大きなメリットとなるでしょう。 まずは最終的にどのような働き方がしたいか、ご自身のビジョンを明確にするところから始めてみるとよいのではないでしょうか。