ヨガインストラクター応募の際に知っておくべき3つのこと-インストラクターに向いている人の特徴3選

「ヨガインストラクターに応募する時に用意するものって?」
「大手と個人のスタジオ、どっちが良いんだろう?」

このような疑問をお持ちではありませんか?

この記事では、インストラクターへの応募をお考えの人に向け、下記を紹介していきます。

・ヨガインストラクター応募の際に必ず知っておくべきこと
・大手スタジオと個人スタジオのメリット・デメリットについて
・ヨガインストラクターに向いている人の特徴

記事を読むことで、応募前にすべきことや心構えを事前に把握することができます。応募後の後悔や失敗を避けるためにも、ぜひ本稿を参考にしみてください。

ヨガインストラクター応募の際に知っておくべき3つのこと

ヨガインストラクターに応募する人は、必ず下記の3つを押さえておいてください。

・未経験でも大丈夫な求人であるかをチェックする
・オーディションの準備がきっちりとできているか
・スタジオは個人と大手どちらになるかをチェックする

それぞれについて詳しくみてみましょう。

未経験でも応募可能な求人であるかをチェックする

まずは、未経験者でも大丈夫な求人にあるかをチェックしてください。
未経験者でも大丈夫な求人であれば、求人要項の中に「未経験可」と記載されているはずです。

新店舗の開設で募集人数が多い求人は、未経験でも採用されることが多い傾向にあります。

ただし、募集人数の少ない求人は競争率が高まるため、未経験者では採用されない可能性が高いです。

競争率の高いスタジオに応募しても時間の無駄になってしまうこともあります。
そのため、自身のレベルに合った求人を選ぶことが大切です。

オーディションの準備がきっちりとできているか

オーディションでは、模擬レッスンを試験として採用している企業が多いため、事前にしっかりと準備しておきましょう。

そして本番では、緊張して喋れなかったり、思うように体が動かなかったりするため、試験前に練習をしておくと安心です。

人に見られながら練習をするとよいので、友達や親に頼み、実際に模擬レッスンを行っておきましょう。

また、オーディションの際は、見た目も重要なポイントになります。
そのため、オーディションでは、

・髪の毛をアップにしておく
・体のラインがよく見える服にする
・全体的に清潔感を与えられる見た目にする

などといったところに注意しておくとよいでしょう。

スタジオは個人と大手どちらになるかをチェックして応募する

応募するスタジオは、個人・大手どちらになるのかをチェックしておきましょう。

また、大手と個人のスタジオの違いについても知っておくとよいです。

大手のスタジオ・・・採用率が高く、未経験者でも優遇してくれやすい。未経験インストラクターのためのサポート体制が整っているスタジオが多い。

個人のスタジオ・・・採用率が低く、経験者を優遇するところが多い。運営の状況を間近で見えるため、独立を考えている人におすすめ。

大手・個人どちらにも言えるのですが、スタジオによって待遇が異なるケースが多いです。

そのため、求人情報をしっかりとチェックしたうえで応募するようにしましょう。

ヨガインストラクターに向いている人の特徴

ヨガインストラクターに向いている人の特徴は下記の通りです。

・ヨガが好きな人
・体を動かす仕事をしたいと考えている人
・自分の得意なことを仕事にしたいと思っている人

それぞれの特徴について詳しく紹介していきます。

ヨガが好きな人

「好きはものの上手なれ」という言葉にもある通り、ヨガが好きであることは、非常に重要なポイントです。

どのような仕事にも言えることですが、お金をもらう以上、楽な仕事などひとつもありません。
インストラクターも同じで、想像よりきついと感じ、やめてしまう人も多いです。

ですが、ヨガが好きな人であれば、多少の壁なら余裕で越えられますし、成長できることに喜びを感じられます。

また、「ヨガが誰よりも好きだ」ということをアピールできれば、応募先にも好印象を与えられるでしょう。

体を動かす仕事をしたいと考えている人

体を動かす仕事がしたいと考えてる人にも、ヨガインストラクターは向いています。

なぜなら、仕事中にインストラクターとして体を動かすことはもちろん、生徒のお手本になるよう、しっかりとした体づくりを求められるからです。

ヨガのインストラクターは、 生徒から「あのインストラクターさんみたいな体になりたい!」と思ってもらうことが重要になります。

ですから、健康管理や適度な運動は欠かせません。
その点、体を動かすのが好きな人であれば、問題なくこなしていくことができるでしょう。

自分の得意なことを仕事にしたいと思っている人

ヨガインストラクターは、自分の得意なことを仕事にしたいと思っている人にも向いています。

自分が得意なことを仕事にしていると、自己肯定感が上がり、ポジティブな気持ちで毎日を送ることができます。

とはいえ、得意だからといって、それを仕事にすることは難しいです。

ですから、「ヨガがほかの何よりも得意だ」という人は、自信を持ってインストラクターをはじめましょう。

ヨガインストラクター専用のマッチングサービス

ヨガインストラクターは、求人に応募することで仕事を取ることもできますが、マッチングサービスに登録して仕事を取ることも可能です。

たとえば、私たちが運営する『Yogamatch』では、 「インストラクターからヨガを教わりたい」という人と、「インストラクターとして働きたい」と考えている人をマッチングさせるサービスを提供しています。

また、Yogamatch』では、個人だけではなく、 介護施設や企業、病院などからお仕事を取ることも可能です。

本業のかたわら、自宅でのお小遣い稼ぎとして利用する方も多くいらっしゃいます。

利用する際の料金は無料となっておりますので、まずはお問合せのうえ、お気軽にお試しください。