陰ヨガとは?得られる3つの効果と初心者でもできるポーズ3選

陰ヨガ
Advertisements

「陰ヨガって何?どんな効果があるの?」

「初心者でもできるポーズがあるなら知りたい」

このようにお考えではありませんか?

本記事では、陰ヨガに興味をお持ちの方に向け、

  • 陰ヨガがもたらす3つの効果
  • 初心者でもできる陰ヨガの代表的なポーズ3選

などを紹介。本記事を読むことで、陰ヨガを詳しく理解し、日常に取り入れることができます。まずは最初に「陰ヨガとは?」について見てみましょう。

陰ヨガとは?

陰ヨガとは、主にシンプルなポーズを数分間かけてじっくりと行い、体を芯からほぐしていくタイプのヨガを指します。脱力した状態でゆったりと行うのも陰ヨガの特徴です。

陰ヨガで取るポーズは基本的に難しくないため、ヨガを始めたばかりの人や高齢者の方にも向いています。

陽ヨガとの違いとは?

陰ヨガと陽ヨガの一番の違いは、運動量です。

陰ヨガは、時間をかけて一つのポーズをじっくりと行います。一方、陽ヨガは、運動力が多く、筋肉を鍛えることに重点を置いています。「パワーヨガ」「アシュタンガヨガ」などが陽ヨガに該当するでしょう。

日ごろ外に出て動き回ることが多い人は、心を鎮めるために陰ヨガを、日ごろから運動不足を感じていたり、心の状態が沈んでいると感じている人は陽ヨガを行うなど、自分自身の状態に合わせて使い分けるとよいです。

陰ヨガによって得られる3つの効果

陰ヨガをすることによって得られる効果は下記の通りです。

  • 瘦身効果が高い(主に下半身)
  • 柔軟性が身に付く
  • 高い集中力が身に付く

以下では、それぞれの効果について詳しく解説していきます。

瘦身効果が高い(主に下半身)

陰ヨガには、高い瘦身効果があります。

下半身が太ったり、足がむくんだりする要因の一つとして考えられるのは、鼠径部にあるリンパ節が滞り、血流が悪くなっていることです。

陰ヨガで筋肉の緊張を解きほぐし、骨盤周りや関節を刺激することでリンパ節の働きが活発になります。リンパ節が活発になると老廃物が流れやすくなり、血流も改善されるため下半身太りやむくみの改善につながるのです。

柔軟性が身に付く

陰ヨガで筋肉をほぐし、筋膜という結合組織をゆっくりと伸ばすことで、体全体の柔軟性を高めることが可能です。

体が硬い人ほど最初は難しく感じるかもしれませんが、時間をかけてやることで徐々に慣れていきます。体が硬いほど効果を感じやすいので、柔軟性に自信がない人にもおすすめです。

Advertisements

高い集中力が身に付く

陰ヨガは、深い呼吸に重点を置いているため、体だけではなく脳内の血流を良くする効果もあります。脳内の血流が良くなると頭の働きが活発になり、集中力もアップするでしょう。

陰ヨガに慣れてくると、意識の底で自分に語りかけるような深い集中状態を感じられるかもしれません。

高い効果を得られる代表的な陰ヨガのポーズ3選

高い効果を実感しやすい代表的な陰ヨガのポーズは下記の通りです。

  • トカゲのポーズ
  • バタフライポーズ
  • ハッピーベイビーのポーズ

以下にて、それぞれのポーズで得られる効果とやり方について解説していきます。

【トカゲのポーズ】体幹強化、股関節の柔軟性UP

トカゲのポーズを取ることで、「体幹の強化」「股関節の柔軟性をアップ」などといった効果を得られます。

ポーズのやり方は下記を参考にしてみてください。

  1. 四つん這いの状態で左足を曲げ、右足を後ろに伸ばす
  2. 左足を左手の外側に運び、両ひじを肩の下に降ろす
  3. 息を吐きつつ胸を床に降ろす

ポイントは、腰を曲げないことです。ポーズを取るのが厳しいと感じる方は曲げている足の裏にブロックを置き、座りながらポーズを取ってみましょう。

【バタフライポーズ】冷え性、生理痛の改善

バタフライのポーズを取ることで、冷え性や生理痛を改善する効果を得られます。

ポーズのやり方は下記の通りです。

  1. 両足を伸ばして座り、両足の裏を合わせる
  2. 両手で重ねている足先を掴み、かかとを恥骨側に引き寄せる
  3. 左右の坐骨(お尻のお骨)をマット上で安定させて息を吸いながら背骨を伸ばす
  4. 息を吐きながら上半身を前に倒す
  5. 背中が丸くなる前でストップし、尾骨と頭頂部を引き離すようなイメージで4~5回呼吸しながらキープする

バタフライのポーズは股間の柔軟性アップにもつながります。

【ハッピーベイビーのポーズ】腰痛、足のむくみ改善

ハッピーベイビーのポーズを取ることで、腰痛や足のむくみを改善することができます。

ポーズのやり方は下記の通りです。

  1. 仰向けになり、膝をお尻より広めに開いて膝を曲げる
  2. 両手で両足の土踏まずを持って胸の上あたりまで持ってくる
  3. 心地良いと感じるところを見つけてそのまま数秒キープ

ハッピーベイビーのポーズは、不安な気持ちやストレスなども払拭してくれます。リラックスしたい時にポーズを取るのもよいでしょう。

【まとめ】陰ヨガで得られる効果とおすすめのポーズ

陰ヨガのポーズを取ることで、

  • 瘦身効果が高い(主に下半身)
  • 柔軟性が身に付く
  • 高い集中力が身に付く

などといった効果が得られます。気持ちを落ち着かせたい時にも役立つポーズが多いため、バタバタと忙しい毎日を送っている人にこそおすすめのヨガです。

陰ヨガについてもっと詳しく知りたいという方は、ぜひ私たちヨガマッチのインストラクターに相談してみてください。