効果的な筋トレ方法ですって?

コラムニスト 寸田真由美

詳しくはこちら

初めまして!

新型コロナによる、ステイホームの影響か、最近、効果的な筋トレ方法を検索する人が増えてきていますね!

ついに、空前のトレーニングブームです!

モデルや、女優さんの間でも、パーソナルトレーナーをつけて、筋トレ!をSNSに投稿されている人もどんどん増えてきています!

効果的な筋トレ、あなたはどんな効果が欲しいですか?

初めまして、私は寸田真由美と申します。

リングネーム超弁慶で16年ぐらい活動中の格闘家でキックボクシングとMMA両方やっちゃう、ちょっと珍しいタイプのファイターです

なぜ、これができるかというと、自分で思うに全日本に出場しちゃうほどパワーリフティングにしっかり取り組んでいたからです。

それで、身体がしっかりできているんだと思います!

パワーリフティングとは、トレーニングの基本種目

1あおむけの状態でバーベルを胸までおろして持ち上げる(ベンチプレス)

2バーベルを肩に背負ってしゃがんで立ち上がる(スクワット)

3バーベルをしたからひざ上まで持ち上げる(デッドリフト)

の合計を競う競技です。パラリンピックでは公式種目ですね

まあ、何が言いたいかというと、私は結構マニアックなトレーニーだったんですね

効果的なトレーニング方法

話をもどして、効果的な筋トレ方法ですが望む結果によって、必要トレーニングの内容が変わってきます。

基本的に、筋肉は大きい負荷で動かすと、大きくなりますし小さい負荷でたくさん動かすと、引き締まります。

具体的な例

短距離、長距離の選手を見てみてください。

短距離の選手は、もりもりですし、長距離の選手は引き締まってますね。

もちろん競技に合わせた体型を作っているんですが

短距離の選手は短い時間で100%に近い力で走りますし

長距離の選手は、20パーセントぐらいの力で長い時間走っています。

私の経験

自分の経験として話すと、

昔は、とにかくモリモリのパワーで押し切る選手を目指していましたので

高重量のトレーニングをしていましたが今は、バランスよく正確に動ける体が欲しいのでほぼ自分の体重でバランスよく動くトレーニングに変えました。

一口にトレーニングといっても、目的によって内容がだいぶ違うのです。

まとめ

効果的な筋力トレーニング方法ですがまず、しっかり目標を定めることが必要です。

あなたは、どんな自分になりたいですか?

気になった方はご相談ください♪